【サッカーパック人気5位】 「あいつがいると浦和らしくなる」興梠慎三も絶賛 関根貴大が復帰戦で攻守…

SIGMACLUBweb

【THIS IS FOOTBALL】DREAMS COME TRUE〜HANACOとその父と、森崎浩司と。

「こんぱんわ、HANACOです」

想像もしなかった電話。

「あー、こんばんわ」

「あの、お約束していた……」

「あ、そうか」

実は以前、HANACOさんから連絡を頂いていた。ケツメイシのツアーに参加することに正式に決まった後、「チケットを用意するのでぜひ、見に来てください」と言ってくれていた。日程は6月8日。そう、昨日だった。

「チケット代は……」

「あ、大丈夫です。ご招待させていただきます」

僕は彼女がそう言ったとしても、お金を払うつもりでいた。でも電話越しに聞こえる声の明るさに、そこで「いや、そういうわけにもいかないから」とは言えなかった。

「わかった。ありがとう」

「いえ、今からチケットを持っていきますので」

HANACOさんは、日本の様々なトップアーティストと共に活躍してきたダンサー兼コレオグラファーだ。ダンサーとして、数多くのアーティストのステージに参加。DREAMS COME TRUE・SMAP・ケツメイシ・東方神起・剛力彩芽・RADIOFISHなど数多くのアーティストと競演を果たしているし、2017年には「サンチェたいそう」の振り付けを担当した実績もある人だ。

ただ、僕と彼女は、この「サンチェたいそう」をきっかけに知り合ったわけではない。彼女は、僕の親友の娘だ。高校時代から知っていて、大学の時に友だちになった男の娘だ。また彼女の母とは大学の頃のワンダーフォーゲル部の活動で知り合い、一緒に山に登ったこともある。

彼女の父は知られざる偉大な技術者だと僕は認識している。もっとも本人は「褒めすぎ」だと。「黒いカラスを白とは言えない頑固な技術者」だと言っているが。ただ、もう随分前になるが技術士の資格に合格したという話を聞いた時、本当に驚いた。

ここで「技術士とは何か」を、Wikipediaから引用しよう。

(残り 2774文字/全文: 3525文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック