『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

SIGMACLUBweb

【SIGMACLUBNEWS※無料】首位撃破。

城福浩監督の言葉である。


もちろん、ここ(味の素スタジアム)は私にとっては鬼門ではありましたけど、それはひとえに私の作ったチームが相手より力が足りなかったということだと思います。ただ、今はチームの1試合1試合の成長に全精力を注いでいますし、一つでも多くの勝ち点を取って、少しでも上の順位でシーズンを終わりたい。とにかく成長する集団でありたい。自分のことは特にありませんということ。とにかくそっちの方に自分としては一番力を注ぎたいと思っています。勝てない時は私が力が入りすぎだとよく言われます。ただそれだけ苦しんだからこそ、別に優勝もしていないのに水をかけられたというのは、選手が(それを)一番感じながらやってくれたのかなと思っています。

去年は相手の対策の方が(試合前の準備としての)割合が多かった。いい守備からのいい攻撃というのが我々のメインだった。去年悔しい思いをしたので、今年は自分たちが主体となって、自分たちの時間を多くするようなサッカーを目指している。毎試合うまくいくわけではないが、それをずっと目指している中の今日の1試合。今日が特別ボールを回したかというと、いつもああいうサッカーをしたいと思っていたし、今シーズンは歩みの中の多少の成長を見せることのできたゲームだったと思う。

多分2シーンくらい、前半に我々が焦れて一発を狙うパスを中盤で引っ掛けられて、危ないところまでいったことがあった。「焦れるな」と「相手の方が嫌がっている」とハーフタイムには言いました。相手はボールを奪いに来れないので、一発のパスで何かやるのではなく、何十本も繋ぐ覚悟で、最後に崩して行けと言いました。


監督のコメントの詳細、そして選手のコメントはTSSサンフレッチェ広島公式モバイルサイトで。

 

(了)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック