【サッカー人気5位】「2021シーズンチーム編成診断③ ~…

SIGMACLUBweb

みんな、こんものではないだろ?/広島1-1湘南

信じられない前半だった。

湘南には申し訳ないが、広島の独り相撲のような闘いだった。

ここ1年で見たこともないほど、ダメな前半。

湘南が特別にいいとは、決して思わない。彼らはいつもどおりのプレーを表現していただけ。

もちろん、自分たちのプレーをいつもどおりに表現することは難しく、そのこと自体は湘南を称賛するべきだろう。

問題は広島が停滞していたこと。

永井龍を1トップに置いたことでプレッシャーを激しくかけていくんだろうなと期待感満載。

しかし、鳥栖戦や大分戦で見せた迫力は乏しい。プレッシャーにいけていないわけでは、どこか中途半端。全てを振り切ったような迫力のある圧力をかけることができない。それは前線だけでなくチーム全体に言えていた。

そういう中途半端さを残していては、前からのプレッシャーは逆に相手にスペースを与えることになる。

特に広島の右サイドは徹底して攻略され、そこから与えたCKで広島は先制点を許した。

その後も攻勢を許し、大迫敬介の奮闘がなければ、失点はもっと増えてしまったはず。C大阪戦に続き、GKがチームを、広島を救った。

こんなはずはない。

仙台戦でも荒木隼人とエゼキエウ以外は全て入れ替えた。それでも、80分までは相手を圧倒できていた。広島らしいサッカーがやれていた。

このメンバーでもできるはずなのだ。

何を怖れているのか。

何が腰を引かせているのか。

チャンスが来たという現実は、「自分の力を見せ付けてやる」という獰猛さよりも「失敗できない」という慎重さを植え付けてしまったのか。

42分、前半で唯一、希望を感じさせていたエゼキエウが負傷交代。その直後、湘南のパスワークに抵抗できず、茨田陽生に決定的なシュートを打たれる。

見事なセーブを見せた大迫の勇姿を見つつ、ただただ願った。

立て直せ、立て直せ。

こんなものではない。絶対に違う。

練習で必死に努力している男たちだ。このままでは終わらない。

(残り 1430文字/全文: 2221文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック