【サッカー人気5位】「2021シーズンチーム編成診断③ ~…

SIGMACLUBweb

Jリーグジャッジリプレイに感謝/広島2-2札幌

不思議だったシーンの解説が聞けて、実にありがたい。

札幌戦の41分、福森晃斗にFKを決められたシーンである。

もちろん、福森のFKは見事としかいいようがない。

だが、問題はその過程だ。

福森のCKを広島がクリア、クロスを入れられてクリア。そのセカンドボールを札幌がキープし、高嶺朋樹がシュート。そのブロックも拾われて仕掛けられた。

青山敏弘がボールにタックルに行く。高嶺が足を伸ばす。

先にボールに触ったのは高嶺。青山の足が遅れて絡んだようにも見えた。

ボールはPA内にいた金子拓郎にわたり、東俊希と対峙。少しボールを動かしてシュートを打つ。

ゴールキックだとほとんの人が判断した。実際、札幌の選手たちもシュートが外れたシーンを見て、自陣に戻りかけた。

だが、ここで笛が鳴った。

シュートの約3秒前、青山のプレーがファウルと判定されたのだ。

ファウルかファウルでないのか、そこは審判の判断である。

ただ、その判断を下すタイミングが問題だ。

「ファウル」とされたプレーが起きたその瞬間、主審はアドバンテージをとるというアクションはしていない。つまり、プレーが起きたその時は「ファウル」と明確に判定していたわけではなかった。だったらなおさら、シュートを打った後にロールバック(プレーを巻き戻す)ことは理不尽だし、不思議な判定だと感じた。

ただ、本日配信されたDAZNの「Jリーグジャッジリプレイ」では、主審がアドバンテージをとっているという前提で話を進められている。

事実としてアドバンテージをとっていたのかどうか、両手を前に出して「プレーオン」と叫んだような様子は少なくとも映像からは見えない。とはいえ、今回は「学び」としてとても貴重なので、アドバンテージをとっていたという前提で話を進めたい。

(残り 880文字/全文: 1611文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック