【サッカー人気2位】下位直接対決は痛恨ドロー。苦境打破へ、…

SIGMACLUBweb

新システム「4-1-2-3」について/広島0-0G大阪

城福浩監督が「相手陣内でサッカーをする」と標榜したその日から、4-1-2-3の形を試してほしいとずっと思っていた。

その理由として、単純に前に人数を掛けやすいことがあげられる。相手陣内に押し込むためには、当然のことながら、前への圧力を加えていく必要がある。そのためには、できるだけ前に人をかけたいと考えるのが論理的だ。サッカーの戦術以前、算数の話である。

もちろん、リスクは高い。だが、「相手陣内に押し込む」こと自体が常にカウンターの恐怖との裏表だ。その恐怖に打ち克つか否か。最初のハードルはそこにある。

だからこそ、あえて「リスク上等」の布陣を敷き、選手たちに決意を伝えることが大切ではないかと筆者は考えていた。もちろん、それは現場を預かっていない、外側にいるからこそ言える無責任さを伴う意見。ただ、理想を貫こうとするならば、リスクへの恐怖、デメリットに目をつぶるという行為は、必ず必要となる。

「このアイディアは、ずっと抱えていた」と指揮官は試合前日に語っていた。それは選手たちの特長をいかに最大限に発揮できるかを考えたが故のこと。特に、突破力と破壊力ではこのチームで突出したものがあるジュニオール・サントスをチームとしてどう生かすのかを考えた時、彼を真ん中でおくのではなくサイド、ウイングで使っていくことが最善と考えた。

別にジュニオール・サントスだけを考慮したわけではないが、このチームにはウイングとして活躍できそうな人材が揃っている。エゼキエウもそうだし、浅野雄也も同様だ。長沼洋一も可能性はあるし、ハイネルもそう。ただ、ここでいう「ウイング」とは、かつて広島で活躍したピーター・ハウストラのような「クロッサー」ではなく、サイドを起点にしてゴールを狙っていく選手のこと。たとえば名古屋のマテウスや相馬勇紀、昨年まで横浜FMで活躍していたエリキといった選手たちだ。

そしてもう1つ、森島司というタレントを活かすにも、このフォーメイションは向いている。

そもそもボランチとしてサッカー人生をスタートしている10番ではあるが、ブレイクしたのはトップ下、というか9.5番の位置といっていいシャドーストライカーだ。だが、狭いスペースでも仕事ができるビジョンと技術を持っているとはいえ、森島にはこの位置のプレーヤーが持つべきゴールへのこだわりが薄い。ゴールネットを揺さぶることよりも、チャンスをつくることに悦びを感じるタイプ。スタイルは全く違うが、メンタルとしては髙萩洋次郎や髙柳一誠に近い。

だが、シャドーを務めるにはやはり、自らゴールを狙う強い意識が不可欠だ。髙萩や髙柳が移籍するとボランチでのプレーが主戦場となったように、9.5番には「9番=ストライカー」の想いが求められる。シャドーでプレーする中で森島にそういう意識が本能として埋め込まれるかと思ったが、やはり本質は変わらない。

といって、ボランチまでおりて、青山敏弘や川辺駿のようなプレーをするタイプでもないし、守備も相当に成長したとはいえ、森﨑和幸のようなスタイルでもない。ただ、森島がいるとボールを失わないし、推進力はある。狭いところでボールを受けてくれるし、パスも出せる。そしてもちろん、プレースキックも持っている。チームのために戦う献身性はトップクラスだし、センスの塊だ。

(残り 1529文字/全文: 2889文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ