【サッカー人気1位】勝ったチームとしての意思疎通 伊藤敦樹…

SIGMACLUBweb

弱気は最大の敵/ルヴァンカップ対清水戦プレビュー

城福浩監督に「どうすれば、得点がとれるのか」と直球で聞いてみた。

チャンスがないことはない。もちろん、川崎Fや横浜FMのように量産できているわけではないが、ビッグチャンスも、その手前のチャンスもある。しかし、そこからネットを揺さぶれない。前節・福岡戦では、GKのグッドセーブに東俊希のシュートが防がれたこともあったが、1点ではやはり、物足りない。

指揮官は、ゴール前の精度より以前の問題で、「チャンスの絶対数が少ない」と指摘した。

シュート数とチャンスの数はイコールではない。例えば前節の前半、東のクロスにエゼキエウが飛び出した部分は、シュートを撃っていなくても決定機だ。だが、それでもシュート数8本は少ない。撃てるシーンを撃っていないというよりも、シュートのチャンスそのものが少ないと感じた。

(残り 2098文字/全文: 2442文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ