【サッカー人気2位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

SIGMACLUBweb

10番・近賀ゆかり/サンフレッチェ広島レジーナ2-2三菱重工浦和レッズレディース

背番号10はかつて、王様ペレによって特別な意味が与えられた。その後はジーコやミッシェル・プラティニ、ロベルト・バッジオやディエゴ・マラドーナらの活躍が、サッカーにおけるスペシャルな伝統を10番に附加してきた。

近賀ゆかりは、もともとはサイドバックであり、レジーナではアンカーでプレー。ポジションはどちらかといえば守備的であり、10番的ではないのかもしれない。しかし、10番が「ゲームの流れを変える主人公」という意味を持っているとするならば、29日の対浦和戦での彼女は、まさに10番だった。

63分、小川愛にかわって投入される近賀に対して中村伸監督は、こんな言葉をかけたという。

みんな疲れてきた。アプローチやセカンドボールのところも主導権を握れなくなっている。雰囲気を変えてきてくれ」

近賀はまず選手たちに声をかけ、手を叩き、周りを鼓舞した。「キンさんの声でチームが引き締まったことは大きかった」と最終ラインの中心・中村楓は言う。

10番というよりも、キャプテン。

そうかもしれない。でも、彼女の背中にある数字は、そのままサンフレッチェ広島レジーナを背負っているかのように、見えた。苦境にあえぐ仲間たちに力を与える女神の番号に見えた。

(残り 1116文字/全文: 1628文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ