【サッカー人気3位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

SIGMACLUBweb

THIS IS FOOTBALL/得点への道はサイドから

なでしこジャパンの初戦を見て改めて感じたのは、得点をとることの難しさだ。

といっても、なでしこの初戦はチャンスの数そのものが少ない。シュートの数は少ないし、カウンターからチャンスを伺ったカナダの方が実質的にゲームを支配していた。

ボールを握って、動かしていたとしても、相手の守備ブロックが強固であれば、そこからゴールを陥れることは難しい。かといって、ボールを相手に渡したままでいれば、攻撃はどうしても偶然性に頼ってしまうことになりがちだ。このあたりがサッカーというスポーツに潜む矛盾であり、魅力でもある。

ただ、この日本対カナダ戦は、サンフレッチェ広島の攻撃を考えるにあたっても、大きな示唆が存在する。

(残り 2201文字/全文: 2499文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ