【サッカー人気4位】「“ミクシィ”FC東京vs“メルカリ”…

SIGMACLUBweb

エゼキエウとその仲間たち、見事な逆転勝利/広島4-1大分

嗚呼……。

溜息が、スタジアムを支配した。

またか。またなのか。

開始早々、森島司のスルーパスを受けた東俊希からのパスをエゼキエウがフリーでシュート。しかし、ダイレクトではなく2タッチで打ったが故に香川勇気のブロックを許してしまう。ここが、最初の溜息。

7分、そのエゼキエウがPA内で下田北斗を倒してしまってのPK。野村直輝に決められてしまい、広島は2試合連続で先制点を与えてしまった。

そして、溜息だ。

今季の広島には、トラウマがある。下位に沈んでいるチームにホームで負けてしまうこと。横浜FC、福岡、徳島、湘南。いずれも苦しんでいるチームを助けるが如く先制ゴールを献上し、跳ねかえすことができないまま、敗れてしまった。

大分戦もそうなのか。

ただ、エゼキエウがPKを与えたこと、そのものは責めたくなかった。たしかに、無理をする必要はになかった。だが、彼は彼なりに必死で、得意ではない守備に関わり、チャレンジした結果だ。巧拙はあるにしても、何もしないよりは遙かにマシである。そして、ここで失敗するからこそ、次が見えてくる。

そう信じたいと思っていた。

ただ、エゼキエウは川崎F戦でもチーム全体が好リズムの中、1人ミスを繰り返していた選手である。そしてこの日も、せっかくいい位置にいるのに、いいチャレンジはしているのに、結果がことごとく裏目だ。

もっていないのか。

23歳の若者、いつ苦しみから抜け出せるのか。

だが、たった一つのプレーが、ブラジルからやってきた若者を解放する。

(残り 2695文字/全文: 3321文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ