【サッカー人気3位】【代表通信】元川悦子に聞く、U−22カ…

SIGMACLUBweb

【サンフレッチェ広島レジーナ全選手名鑑WEB版】左山桃子選手/静岡でも新潟でも、私は広島弁でした。

センターバック/左山桃子選手 SAYAMA MOMOKO No.6

1992年2月19日生まれ。身長167㎝/体重54kg。広島県出身。8人兄妹の末っ子。サンフレッチェ広島ジュニアユース出身で、仙台などでプレー経験のある左山晋平は次兄。広島フジタレディースから藤枝順心高に進学。2010年、静岡産業大学に進学し、2年時にCBにコンバート。2011年にはAFC U-19女子選手権に出場するU-19日本女子代表に選出。2013年、U-23日本女子代表に選出され、東アジア競技大会に出場。2014年、アルビレックス新潟レディースに加入。2019年までプレーし、91試合2得点を記録。昨年、静岡SSUアスレジーナに移籍し、チャレンジリーグWESTで10試合3得点。

 

……広島出身の左山選手にとって、やっぱり地元はいいなって感じですか。

左山●家族が近くにいたり、ずっと仲のよかった友だちに会う機会が増えたので、戻って来てよかったかなと思っています。小学校時代の監督やコーチもプレシーズンマッチに応援に来て頂いたり、声を掛けて頂いたり。本当に嬉しいですし、もっと頑張らなければいけないなと思っています。

……チーム立ち上げの頃は足のケガもありましたが、現状は?

左山●ほぼよくなってきています。もっと自分自身がレベルアップできるように、練習にとり組んでいる最中です。

……ご自身のストロングポイントは?

左山●1対1の粘り強い守備と、空中戦ですね。

……相手FWをガツッと潰しにいく、迫力のあるプレーが印象的です。

左山●前に強くいくプレーに関しては負けないように、ずっとやってきました。

……課題としては?

左山●ビルドアップのところですね。もっと広く見れるようになっていきたい。

……目標としている選手は?

左山●サンフレッチェ広島でいえば、佐々木翔選手ですね。前にも強いですし、ビルドアップでもすごく展開力があって。あと、谷口彰悟選手(川崎F)や森重真人選手(FC東京)。特にビルドアップで広く視野を持てているところを、試合でも見させていただいています。そこを成長させたいと思っているので。

……レジーナはゼロから積み上げているチームですが、いい雰囲気ですね。

左山●それは、すごくあります。今年から集まったチームとは思えないほど。プレー中も普段からもコミュニケーションがしっかりととれているので、まだまだレベルアップできるのではないかと思っています。

……417日の神戸との練習試合で負けた後、チームが変わったと聞いています。

左山●それはすごく感じましたし、レベルアップのためにはすごくいい経験だったと思っています。

……松原姉妹が左山選手のことを「広島弁をしゃべるだけでかわいい。ずるい」って言っていました。

左山●全然ですよ(笑)。あの2人は、本当にすごく言ってくるんです。こっちからしたら普通に喋っているだけです(笑)。広島弁はもう、全然抜けないので。

……新潟にいる時も静岡にいる時も?

左山●ずっと、「やけん」とか「じゃろう」とか言っていましたね。その頃のチームメイトからは「じゃけん、じゃけんってうるさい」とか、「じゃろ、じゃろって、うるさい」とか言われたんですけど(笑)、それが私にとっては普通なんで。でも、広島の友だちに会った時とかは、「広島弁じゃなくなったね」って言われます(笑)

……なるほど(笑)

左山●広島弁をそんなに知らない子たちからしたら「広島弁ってすごいね」って言われますけど、広島の方からしたら「そんなんじゃない」みたいな感じで(笑)。「広島捨てただろう」とか言われて、「全然、全然」みたいな(笑)。まあ、私からしたら普通にしゃべっているんですけどね(笑)

(残り 1262文字/全文: 2782文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ