【サッカー人気3位】犬飼智也がリカルドサッカー順応に自信 …

SIGMACLUBweb

【2022年シーズンスタート】コミュニケーション・ハンディを克服せよ

身体を起こし、サッカーの楽しさを再認識するために、ボール回しのトレーニングは大きな力を発揮する。初日のトレーニングは、ランニングとボール回し、ストレッチなどで終わった。

 

快晴の吉田サッカー公園で始まった2022年シーズンのトレーニングを取材して、当然のことに改めて気づかされた。それは、監督という存在の重要性である。

決して、何かトラブルが起きていたわけではない。迫井深也ヘッドコーチを中心として、トレーニングは水が流れるように行われ、そして終了した。「(オフ明けで)身体を起こすことが目的」(迫井コーチ)であり、臨機応変な判断が必要な場面はなかった。

だからこそ、この先のことが気になる。

(残り 1401文字/全文: 1767文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ