SIGMACLUBweb

【熊本キャンプ】SIGMACLUBのカメラマンが捉えた、選手たちのフォトグラフィー。そのほんの一部をご紹介いたします Part.2

昨年もチームの中心として戦ってくれたが、ホーム鹿島戦のような悔しい試合もあった。1対1では、Jリーグの屈強なFWたちにも絶対に負けない実力を誇る荒木隼人だが、今季は精密なビルドアップも求められる。クサビのパスにもチャレンジして、攻撃の起点にもなってほしい。

 

二つの熊本戦で見せた神出鬼没の動きは、まさに柏好文ここにありというクオリティ。特に二つ目の試合で川浪吾郎のパスを引き出すために、右サイドから左サイドのハーフスペースへと流れて裏にパスを出したプレーは、クリエイティビティの塊だ。藤井智也や東俊希ら若きサイドアタッカーにとって、柏は今も大きな目標であり、そして超えるべき壁でもある。

(残り 1565文字/全文: 1863文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ