【サッカー人気3位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

SIGMACLUBweb

【S広島R 2-0 相模原】サンフレッチェ広島レジーナ、後期初勝利/中村伸監督コメント

中村●試合に入るにあたって、相手のストロングな形と自分たちが取り組んできたことを対比し、いかに上回っていくかを整理して準備してきました。前後半含めて、チーム全体として取り組んでくれましたね。なかなか結果が伴わない試合が続いていた中で、彼女たちはしっかりとひたむきに、自分たちに目を向けて取りくんでくれました。そのことが今日の結果に繋がったと思います。

……監督、おめでとうございます。

中村●ありがとうございます。ちょっと(3勝目まで)長くかかりましたが、本当にみんな、よくやってくれました。

……本当にそうですね。今日の試合では柳瀬楓菜選手と小川愛選手の頑張りが目立ちました。立ち位置は、ダブルボランチでよかったのでしょうか。それとも柳瀬選手が前にという意識だったのでしょうか。

中村●どっちにもとれるポジションを、彼女はゲームの中で相手を見ながらとれる選手。攻守において効果的なポジションをとってくれた。本当にしっかりと表現してくれた。

……2点目は、小川選手が相手パッサーの前に立って限定させ、柳瀬選手が奪いとるところから始まりましたね。

中村●ゲーム全体を通して、2人とも力を出し尽くしてくれた。特に2点目のところは、後期の我々が狙って、取り組んできたところ。いい形で表現してくれた。こういう形をもっと増やしていきたいと、これから選手たちに言おうと思っていました(苦笑)。

……上野真実選手がついに、爆発しましたね。

中村●ようやくって感じですね。彼女には、「君が点をとってチームに勢いをつけてほしい」と言ってきた。結果に繋がったことで前に向かえるところもある。よく落ち着いて、決めきってくれましたね。

……柳瀬選手の大きな才能の一端が見えましたね。

中村●そうですね。今日くらいのプレーを続けてやれるくらいのトレーニングは、積んできた。こういう公式戦の中で発揮してくれたことは嬉しい。まだまだ、可能性を秘めた選手だと感じさせてくれた。これからもっと成長すると思うし、そこをサポートしていきたい。

……次に向けて。

中村●こういうゲームをホームで,応援してくださる方々の前で披露することが、まず必要なこと。それを求めてやってきましたし、こういう試合を続けながら、ファミリーのみなさんと共感できる部分を増やしていきたい。サンフレッチェ広島レジーナの選手たちをもっともっと、見ていただきたいと思います。



« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ