【サッカー人気3位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

SIGMACLUBweb

【S広島R 2-0 相模原】サンフレッチェ広島レジーナ、後期初勝利/柳瀬楓菜選手コメント「みんなが繋がってプレーすると、これだけのパフォーマンスができる」

……柳瀬選手、おめでとうございます。

柳瀬●ありがとうございます。

……神出鬼没、ポジション=柳瀬って感じがしましたが、ポジションの意識としては?

柳瀬●守備のところでは、中盤とDFラインの距離のところではしっかりと意識し、プレスバックのところも頭に置いていました。

……小川愛選手との関係性もよかったですね。

柳瀬●愛さんの方にボールがある時は自分が引いたりとか、横並びにならずに段差をつくって、相手のFWに対するパスコースを切るところも意識しました。

……それが2点目のきっかけになりましたね。あのシーン、小川選手が前にいたことで、ボールがとれた?

柳瀬●セカンドボールを拾うことは今日の試合でとても意識して入りました。あの場面でも、その意識からボールを奪うことができてよかったです。

……あのボール奪取からドリブル、そしてスルーパスで2点目を演出しましたね。

柳瀬●(上野)真実さんとアイコンタクトがとれて、いいボールが出せました。

……もっと攻守に関わりたいと言っていましたね。今日は、そういうプレーができたのでは?

柳瀬●第一歩を踏めたと思います。これが最低ラインになるよう、レベルアップしたい。

……次はゴール?

柳瀬●そうですね(笑)

……次のホームゲームについて。

柳瀬●ホームでの勝利はまだないので、応援してくださるファミリーの皆さんと勝って喜びあえるように、いい準備をしたい。

……ずっと勝てなかったことが、メンタル的にもきつかった?

柳瀬●結果がついてこなかったのでキツい時期が続いたんですけど、みんなが繋がってプレーすると、これだけのパフォーマンスができる。これで満足することなく、ホームで勝ちきりたい。



« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ