SIGMACLUBweb

【広島 2-2 清水】ナッシム・ベン・カリファ/HE IS THE TEAM PLAYER

 

磐田戦では戦術の運用でチームを変えたミヒャエル・スキッベ監督だった。では、清水戦では、どうだったか。

ハーフタイムでの3人交代。来日して初めての、大胆な選手のチェンジで指揮官はチームを変えようとて考えた。

前半、スキッベ監督来日以降で最悪の出来といっていい。

それなりのチャンスはあったが、決定的なシーンの質・量は明白に清水が上。ブロックをつくってくると思われた清水が前線からプレッシャーをかけてくるという想定外もあった。だが、それにしても悪すぎた。クロスボールから失点し、中山克広やチアゴ・サンタナがしっかりと決めてくれば0-3という可能性もあった。

ハーフタイム、スキッベ監督はこんな言葉を投げかけている。

(残り 2261文字/全文: 2568文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ