SIGMACLUBweb

【サンフレッチェ広島レジーナ 1-0 INAC神戸レオネッサ】無敗優勝を阻止。そしてI神戸を完封した初のチームに。

右サイドに神戸のストライカー・高瀬愛実(元日本代表)が右サイドに流れた。左山桃子が彼女につき、前を向かせない。だが、ここで高瀬からのパスを受けた西川彩華が縦に浮き球で出した。そこに流れてきたのはトップ下の成宮唯(元日本代表)。

危ない。左山は釣り出されている。中には前節2得点の田中美南(日本代表)がいるはずだ。いいクロスが入ってしまったら。必死で柳瀬楓菜が追いすがるが、高瀬のスピードが勝る。

中に折り返した。やはり、田中がいた。危ない、危ない、危ない!!

だがそこにいたのは、木﨑あおいだ。左山が流れたスペースを彼女がしっかりと埋めていた。セオリーといえばセオリー。しかし、この緊迫した場面で、彼女は冷静に対処した。

木﨑が滑った。触った。田中の足に当たったが、それは枠外へと流れた。

I神戸にとって最大の、そして優勝への決定機は、木﨑の冷静さと献身が阻止した。

(残り 2193文字/全文: 2571文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ