SIGMACLUBweb

【広島 2-1 C大阪】ガクト・ダイナマイト、炸裂。

75分までリードされていながら、それ以降に逆転した試合など、記憶の彼方に飛んでしまっていた。おそらく、2013年10月5日、エディオンスタジアム広島での対清水戦以来ではないか。

71分、清水にPKで先制を許してしまったが、76分に塩谷司の強烈なミドルで同点。このシュートはキャプテン翼に出てくる《反動蹴速迅砲》のリアルバージョンとして、当時は大きな話題を呼んだ。

そして79分。逆転ゴールを決めたのは、当時19歳の野津田岳人だ。そのシーンを筆者はこう表現している。

(残り 3206文字/全文: 3436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ