SIGMACLUBweb

【広島 3-1 福岡】肉体をぶつけあう闘いを制し、4連勝。

満田誠がボールを失った。奪ったのは、前寛之。福岡の中盤を象徴する選手である。

球際の激しさは人後に落ちない福岡のキャプテンは、この日ゴールを決めたルーキーに対して激しいチャージを試み、奪い切った。

縦パス。ファンマが収めた。完全なカウンター。右へ。受けたのは福岡の切り札、ジョルディ・クルークス。この日先発して攻守にわたって活躍し、得点も決めた渡大生をあえて外して彼を投入したのは、福岡・長谷部茂利監督の勝負手だった。

キープ。粘ってファウルをとる。盛り上がるベスト電器スタジアム。キッカーは中村駿。右足のキックは鋭い。

ほぼCKに近い位置でのセットプレーをどう凌ぐか。相手には高さもある。少しでも集中を切らしてしまったら、決壊する。

広島、凌いだ。ファンマにヘッドを合わされたが塩谷司がしっかりと身体を寄せていたため、シュートは力なく枠外へ。

ゴールキック。だが福岡は、前からプレッシングをかける。ラインもあげた。ここが勝負どころだと決意し、プレッシャーをかけにいった。

だが、広島は落ち着いていた。

佐々木翔→東俊希→野津田岳人。ワンタッチパスを満田がおさめた。

(残り 1503文字/全文: 1978文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ