SIGMACLUBweb

【ようこそ、広島へ】瀧澤千聖が、広島にやってきた。

瀧澤千聖が、本当に広島にやってきた。

昨年、WEリーグを見てきた中で、最もインパクトのあったアタッカーだと言っていい。もちろん、長野Uスタジアムでのアウェイ戦で喫した後半アディショナルタイムでの逆転劇の中心だったということもあるが、それ以上に彼女の突破力、ポジションどり、そしてシュート技術の巧みさなど、あらゆる点で巨大な才能を感じた。それは現日本代表の菅澤優衣香(浦和)や田中美南(I神戸)、植木理子(NB東京)らと、そのスタイルは違うとはいえ、共通する「点がとれる」雰囲気がプンプンと漂っていた。

昨年の4得点5アシストという結果は、彼女の才能から考えれば信じがたい少なさだと思う。

(残り 1557文字/全文: 1848文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ