SIGMACLUBweb

【広島 1-2 FC東京】目的を見失ったドリブル

事実を書いておきたい。なかなか冷静になれないが、努めてクールに見つめていきたい。

最後の失点シーンである。

91分46秒、スローインを受けようとしたアダイウトンからボールを奪いとったのは柴﨑晃誠だ。

茶島雄介が運ぶ。ジュニオール・サントスに預ける。ここはまだ広島陣内だ。

反転する。運ぶ。左にエゼキエウがフリーでいた。さらに藤井智也もいた。右には柴﨑、さらに茶島も。カウンター。FC東京もリスク管理で6人いたが、左の大外の藤井はフリー。そこに出せば、スピードスターの力は発揮できる。そのまま、藤井のサポートに入るもよし。真ん中に走って折り返しを求めるもよし。なんでもできた。

(残り 1404文字/全文: 1730文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ