【サッカー人気2位】痛恨のミス連発で逆転負け。それでも、チ…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-41[H] セレッソ大阪戦『ぐっときた』(2016/11/13)

2016年11月12日(土)
J2第41節 東京ヴェルディ vs セレッソ大阪
16:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]8,340人 [天候]晴、弱風、気温17.0℃、湿度60%

東京V 1‐2 C大阪
前半:0‐1
後半:1‐1
[得点]
0‐1 ソウザ(1分)
0‐2 田代有三(74分)
1‐2 澤井直人(90+2分)

●東京Vスターティングメンバー
GK31 鈴木椋大
DF23 田村直也(83分 永井)
DF3   井林章
DF5   平智広
DF6   安在和樹
MF30 高木純平(76分 杉本)
MF10 高木善朗
MF14 澤井直人
MF2   安西幸輝
FW17 ドウグラス・ヴィエイラ(67分 二川)
FW18 高木大輔
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。DF19大木暁。MF32二川孝広、33渡辺皓太、45永井秀樹。FW7杉本竜士、9アラン・ピニェイロ)

監督 冨樫剛一

■2016シーズン、ホーム最終戦

試合前のウォームアップ、ゴール裏から永井秀樹のチャントが鳴り響く。永井は両手を上げ、手を叩いてこれに応えた。10日、今季限りの現役引退を発表した。OB戦のような場を別にすれば、味の素スタジアムでこの風景が見られるのは今日が最後だ。

ゴール裏からバックスタンドにかけて、多種多様な横断幕で埋め尽くされていた。なかには日の目を見ることのなかった選手のダンマクもあり、静かにその役目を終えようとしている。たとえ報われなくても、それが何だというのか。2016シーズン、ホーム最終戦。

開始1分、いきなりゲームは動いた。セレッソ大阪が左サイドから攻撃を仕掛け、中央に走り込んだソウザが右足を強振。低く抑えの利いたミドルシュートは鈴木椋大の手をはじき、ゴールに転がった。

出合い頭の一発だ。すでに他会場の結果によりJ2残留が確定していたこともあり、東京ヴェルディの選手に動揺は見られなかった。

東京Vはボールを動かしながら前進し、ロストした際は素早く囲い込んで取り返した。スタメン出場は第14節の清水エスパルス戦以来、久しぶりに先発のチャンスを得た高木純平が効いていた。中盤の底で安在和樹とコンビを組んだ高木純は、適切なポジショニングでパスワークの経由地点をつくり、味方の動き出しに合わせ前にボールをつける。何の変哲もないプレーに見せながら、チームの流動性を生み出していた。

(残り 1927文字/全文: 2870文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ