『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】検証ルポ『2016シーズン 緑の轍』第四章 萌芽(2016/12/23)

ルーキーイヤーから、鮮烈な活躍を見せた井上潮音。

ルーキーイヤーから、鮮烈な活躍を見せた井上潮音。

第四章 萌芽

■ひじ打ちがズンと

「どんなことでもいい。(中村)俊輔に、おまえという選手を刻みつけてこい」

井上潮音は冨樫剛一監督にそう言われ、ピッチに入った。9月22日、天皇杯3回戦、横浜F・マリノス戦。なんの因果か、高知県立春野総合運動公園陸上競技場で行われたゲームだった。

25分、井上は鮮烈なプレーを見せる。味方から短いパスを受けようとしたとき、斜め後ろから中村が迫っていた。間接視野に優れる井上は気づいている。いったんボールを戻し、中村の寄せから逃げるだろうと僕は見た。ところが、井上はボールを引いて、突っ込んでくる中村をひらりとかわし、すぐさまドリブルを開始。ルーキーが、日本代表で一時代を築いた名選手を手玉に取った。

横浜FM戦、井上は中村に対して一歩も引かなかった。プレーでも、気持ちの面でも。敢然と立ち向かい、球際の争いでガツガツ身体をぶつけ続けた。

試合自体は、0-4の完敗。力の差をまざまざと見せつけられた。

その後、僕は鈴木椋大と話す機会があった。中村は、井上のあまりのしつこさ、遠慮の欠片もないディフェンス、可愛げのない態度に腹を立てただろうかと。

「あんなの全然平気でしょ。だって、シュンさんがこれまでどこでプレーしてきたか。欧州チャンピオンズリーグに、当たりの激しいスコットランドリーグですよ。まったく問題ではない。(渡辺)皓太のチャージには、ちょっと怒ってましたけどね」

(残り 1392文字/全文: 2075文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ