【サッカー人気1位】「残留交渉を続けたものの、山口一真は移…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-5[H] FC岐阜戦『粛々と勝点3』(17.3.26)

『大人の子ども』2017.3.25

『大人の子ども』2017.3.25

2017年3月25日(土)
J2第5節 東京ヴェルディ vs FC岐阜
15:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]3,331人 [天候]晴、弱風、気温12.1℃、湿度34%

東京V 1‐0 岐阜
前半:0‐0
後半:1‐0
[得点]
1‐0 アラン・ピニェイロ(68分)

●東京Vスターティングメンバー
GK1   柴崎貴広
DF3   井林章
DF19 永田充
DF5   平智広
MF18 高木大輔
MF20 井上潮音(39分 橋本)
MF17 内田達也
MF6   安在和樹
FW7   アラン・ピニェイロ
FW10 高木善朗(74分 安西)
FW9   ドウグラス・ヴィエイラ(53分 梶川)
(ベンチメンバー:GK34内藤圭佑。DF4畠中槙之輔。MF2安西幸輝、27橋本英郎、30高木純平。FW11中野雅臣、38梶川諒太)

監督 ロティーナ

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■岐阜の攻勢にさらされた前半

FC岐阜を下し、4連勝。戦い終えた東京ヴェルディの選手たちはハイタッチをかわし、ピッチの中央に整列する。そこに、はじけるような歓喜はない。当然の結果という受け止め方とも違う。おごるでもなく、有頂天になるでもなく。手中に勝点3を収め、目標に向かって一歩前進といったところか。

ロティーナ監督は試合をこう振り返った。

「前半、まずは自分たちに決定的な場面があり、その後は岐阜がボールを保持して試合を支配しました。岐阜のプレーが非常に良く、前半を0‐0で終えるために非常に多くの仕事をする必要がありました。後半は良くなり、自分たちがプレーすべき形でゲームを進められたと思います。そして、アランがスーパーゴールを決めてくれました。終盤にかけて相手の攻勢が強まりましたが、しっかりとディフェンスすることができました」

ポイントは、前半のピンチを切り抜けたことだった。

(残り 1952文字/全文: 2780文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック