「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【フットボール・ブレス・ユー】第30回 終わりと始まり ~東京ヴェルディユース2017極月~(17.12.16)

第30回 終わりと始まり ~東京ヴェルディユース 2017極月~

12月、日本サッカーの暦ではさよならの季節。ひとつの区切りを迎えたサッカー少年、少女たちが、ランドに別れを告げ、旅立ってゆく。彼らにとってこの場所は産湯のようなものであり、時期を経て帰ってくる者がいれば、振り返ろうとしない者もいるが、生涯その胸に生き続けることに変わりはない。

12月10日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東最終節、東京ヴェルディユース vs ジェフユナイテッド市原・千葉U‐18。チームの中核を成す藤本寛也、田中颯は出場停止で、ラストマッチをピッチの外から見守った。結果は、1‐1のドロー。今季の東京Vユースは、プリンス関東6位に終わった。

左利きのサイドアタッカーである大森渚生は、ランドで過ごした日々をこう回顧する。

「小3の終わり頃、ジュニアに入り、9年間お世話になりました。ジュニアユースまではずっと一番上のグループでやらせてもらったんですが、ユースに上がってから壁にぶつかりました。1年、2年とあまり試合に出られず、どうやったらレギュラーになれるのか地道に自主練を積む日々。試行錯誤を経て最後の1年はスタメンで出られるようになり、そのあたりの精神的な強さは身についたと思います」

大森は関東の大学にスポーツ推薦で進学することが決まっている。

「できるだけ早く試合に出られるように、練習からしっかり取り組んでいきたい。高校と比べて自由の多い大学生活では、自分でやることが大事。力をつけて、4年後のプロを目指します」

東京Vユースの名は全国区だから、周囲からは特別な目で見られることになる。だが、聞いたこともないような無名の高校から逸材が集うのが大学サッカーだ。競争は予想より厳しいものになるだろう。

キャプテンでU‐18日本代表にも名を連ねる谷口栄斗は、トップ昇格が見送られることになった。

谷口は言う。

「上がれないと聞かされたときは悔しかったです。ただ、トップの畠中(槙之輔)くんを見ても、センターバックは若いうちから試合経験を積むのが一番重要なのはわかります。大学でもっといい選手になり、ヴェルディでまたプレーできるように、あるいはより上のチームから声をかけられるようにがんばっていきたい」

永井秀樹監督は、失意を露わにする谷口に対し、「相手からお願いしますと頭を下げられ、応じるかどうかを決めてこそプロだよ。こっちから頭を下げるのは筋が通らない」と諭したそうだ。

クラブの外から聞こえる谷口の評価は高く、4年後、東京Vが現状のままでは手の届かない選手に成長している可能性はある。その際はかつて与えた過小評価を、手元に置いて育てる余裕がなかったことを悔やむほかない。

 

キャプテンの谷口栄斗(右)と大森渚生。ともに大学に進学し、プロを目指す。

キャプテンの谷口栄斗(右)と大森渚生。ともに大学に進学し、プロを目指す。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ