【サッカー人気4位】【J2魔境】ライバルサポも要チェック!…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【SBGニュース】内田達也「ヴェルディでやりたかった」2018チーム編成〈了〉(18.1.13)

昨季はガンバ大阪からの期限付き移籍で大車輪の活躍。今季から完全移籍となる内田達也。

昨季はガンバ大阪からの期限付き移籍で大車輪の活躍。今季から完全移籍となる内田達也。

■内田の決断の理由

年末年始のチーム編成の動きをまとめて整理しておきたい。

【IN】
2017年12月28日、セレッソ大阪からの期限付き移籍だったGK武田博行が完全移籍で加入。29日、アルビレックス新潟からMF森俊介が期限付き移籍で加入。2018年1月5日、ジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍していたFW菅嶋弘希が復帰、千葉に所属していたDF比嘉祐介が加入。6日、ザスパクサツ群馬からFW高井和馬を、7日、大分トリニータからGK上福元直人を、8日、モンテディオ山形からMF佐藤優平を獲得したと発表された。

【OUT】
2017年12月27日、DF安西幸輝が鹿島アントラーズに移籍。28日、MF中後雅喜が現役を退き、アカデミーコーチに就任することに。30日、GK太田岳志がカターレ富山に期限付き移籍。1月5日、MF高木善朗が新潟に移籍。8日、DF安在和樹がサガン鳥栖に移籍。9日、昨季AC長野パルセイロに期限付き移籍し、契約満了となっていたDF大木暁が栃木ウーヴァFCに移籍。

また、1月11日には、FC今治に期限付き移籍となっていたFW中野雅臣、ガンバ大阪から期限付き移籍で加入していたMF二川孝広、それぞれの契約が延長されると東京ヴェルディは発表している。

今季のチーム編成における最大の成果は内田達也の残留だ。昨季はG大阪からの期限付き移籍だったが、来たる2018シーズンはあらためて完全移籍で加わることになった。

内田は決断の理由をこう明かす。

(残り 775文字/全文: 1502文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック