「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【練習レポート】沖縄キャンプレポ5日目『ゴールマウスは誰のもの』(18.2.2)

ボールキープする李栄直の背後から迫る高井和馬。ゲーム形式のトレーニングでは、非常にテンションが高く、激しいボディコンタクトが繰り広げられた。

ボールキープする李栄直の背後から迫る高井和馬。ゲーム形式のトレーニングでは、非常にテンションが高く、激しいボディコンタクトが繰り広げられた。

■5レーンの使い方

監督が代わり、トレーニングが変わり、チームのコンセプトが変われば、ピッチを飛び交う言葉が変わる。ロティーナ体制2年目、変化は如実に現れ始めている。

(残り 2371文字/全文: 2591文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ