「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【練習レポート】沖縄キャンプレポ7日目『開幕スタメンは譲れない』(18.2.4)

井林章とカルロス・マルティネスのジャンケン。レフェリー、ドウグラス・ヴィエイラ。

井林章とカルロス・マルティネスのジャンケン。レフェリーは、ドウグラス・ヴィエイラ。まるで正義の化身のようなドウグラスには、もう全面的に従いますね、はい。

■相手の中盤のラインを壊せ

相手の中盤は4枚。アンカーにボールが渡ったら、ひとりが寄せてくる。そこが狙い目だ。サイドチェンジと見せかけ、ラインの裏でインサイドハーフがボールを受けられるポジションを取り、パスを引きだす。半身で受け、速やかにドリブル開始。ゴール前は4対3。センターフォワード、両ウイングを使い、最終的には2対1の形をつくってゴールを決める。

中盤のラインを壊し、そこから一気にゴールに迫って最後は数的優位を生かすのがトレーニングのテーマだ。全員がローテーションし、各ポジションでプレーすることにより判断力と共通理解を高める。

(残り 1886文字/全文: 2297文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ