「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】沖縄キャンプ2018 B級ニュース事件簿〈了〉『橋本門限』(18.2.8)

今年の沖縄キャンプ、最高のマッチングと思われる橋本英郎(右)と郡大夢。

今年の沖縄キャンプ、マッチングのスマッシュヒットと思われる橋本英郎(右)と郡大夢。

■えっ、ドアが開かない

選手を大人として扱うロティーナ監督は、キャンプでの門限を定めていない。トレーニングマッチの前日は夕食後の外出を控える決まりがある程度だ。

また、今回はホテルのワンフロアを丸ごと貸し切ったため、セキュリティ上の安心感があった。ルームキーの取り扱いに神経を使う必要がなく、便利だったという声が多い。

今季、ガンバ大阪への育成型期限付き移籍から復帰した郡大夢は、橋本英郎と同部屋になった。チーム関係者の意図、メッセージを感じさせる組み合わせだ。

チーム最年長、酸いも甘いも嚙み分ける橋本は、天然素材である郡のお目付け役、教育係といったところか。

(残り 783文字/全文: 1169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ