「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【監督・選手コメント】J2-1[H] ジェフユナイテッド千葉戦に向けて ~ロティーナ監督、渡辺、奈良輪、柴崎(18.2.24)

今季も正GKとして期待の懸かる柴崎貴広。

今季も正GKとして期待の懸かる柴崎貴広。

【監督・選手コメント】拡大版、第二弾。2月25日のJ2第1節、ジェフユナイテッド千葉戦に向けて、ロティーナ監督、渡辺皓太、奈良輪雄太、柴崎貴広は次のように話した。

GK1柴崎貴広
――いよいよ新しいシーズンが始まります。
「開幕戦はどこが相手でも特別な雰囲気になる。楽しみですね」

――昨年のチームから上積みを感じる部分は?
「昨年から残っている選手が多いので、戦術面は上積みできていると思います。新しいタイプの選手が入ってきたので、違った部分も見せられるはず。それは後ろから見ていて感じます。ただ、実際やってみないとわからないところは多いんですよ。昨年も多少不安な気持ちを持ちながらシーズンに入り、やってみたらいけるじゃんとなったので」

――沖縄キャンプでは、守備の安定感はかなりのレベルに達しているように見えました。
「かもしれませんけど、J2っぽいチームとはトレーニングマッチでやってないからなあ。そこがどう出るか。まずは防げる失点をきちんと減らしていかないと。同じミスを繰り返していたら、おバカさんなので」

――セットプレーの練習は、東京に帰ってからたっぷり時間を割きましたか?
「やりましたが、ボリュームは昨年とそれほど変わりないですね。特に時間をかけたというわけではないと思います」

――開幕戦、相手は千葉。
「ハイプレス、ハイラインというわかりやすい特徴を持ったチーム。個の力もかなり強力。ボールを回すか、蹴るかを、状況に応じて適切に使い分けたいです」

(残り 2282文字/全文: 2992文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ