『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【トピックス】『待ってろ、4戦連発』6月23日(土) J2第20節 栃木SC戦 18:00 味の素スタジアム(18.6.21)

林陵平の次なるゴールパフォーマンスは何か。

林陵平の次なるゴールパフォーマンスは何か。

■天皇杯を含めて3試合連続ゴール中

前節の京都サンガF.C.戦、3-1で勝利を収め、今季初の連勝を達成。23日のJ2第20節栃木SC戦(18:00 味の素スタジアム)で3連勝を狙う。

ここにきて、ぐいぐい調子を上げているのが林陵平だ。京都戦は頭で2ゴールを叩き込み、天皇杯を含めて3試合連続ゴール。当然、次なるターゲットは栃木戦での4戦連発である。

「栃木は前線に決定力のある選手を擁し、後ろはしっかり守備を固めてくる。これまでどおり、自分たちがボールを持つ時間を長くし、そのなかでどうやってゴールに迫れるかがカギを握りますね。イバンコーチのスカウティングに基づき、どこを中心に狙っていくのか具体的な対策はできています。ネットを揺らすイメージはバッチリ」

Jリーガーきってのサッカーマニアと知られる、林陵平のゴールパフォーマンスも見どころのひとつ。京都戦の1点目はフランス代表のブレーズ・マテュイディ、2点目はセルビア代表のアレクサンダル・ミトロヴィッチと、ロシアで開催中のFIFAワールドカップにちなんだ選手をセレクトした。

ロティーナ監督は言う。

「サッカーはスペクタクルの一面を持つもの。ルールの範囲内で、相手へのリスペクトを欠く行為でなければ、お客さんを楽しませようとする試みは大事です」

さて、林陵平は今度のゴールパフォーマンスには何を持ってくるのか。

「いつもひとつは用意しているんです。こないだは1点決めたあと、2点目は何にしようかなと試合中に考えた。ストックはたくさんあるんでね。ま、楽しみにしておいてください」

こうなったら矢継ぎ早にゴールを決めて、おろおろする林陵平を見てみたい。

当日の天気予報は曇後雨。チケットのご購入はヴェルディチケットまで。

《クラブウオッチ》
「栃木戦は『エムール DAY』。先着1,969名様にオリジナルフォームフィンガーを無料配布のほか、まくら投げゲームやフェイスシールのブースなどをコンコースにご用意しています。エムールさんにはいつも試合を盛り上げていただき、感謝の至り。いいゲームをしてご期待に応えたい」と力を込めるクラブ関係者。また、『稲城市サンクスマッチ』として同市に在住、在勤、在学している方にはホーム自由席に無料招待する(要事前申込み)。

[今季の1試合平均入場者数] 5,317人
過去3シーズンの1試合平均入場者数
2015年 5,655人
2016年 5,402人
2017年 6,206人

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック