【サッカー人気5位】無敗の首位撃破なるか。新潟の攻略ポイン…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【トピックス】『味スタ夏祭り』7月25日(水) J2第25節 アルビレックス新潟戦 19:30 味の素スタジアム(18.7.23)

天皇杯を含めて近3試合、チームで唯一フルタイム出場の梶川諒太。

天皇杯を含めて近3試合、チームで唯一フルタイム出場の梶川諒太。

■相手の弱点を読み取る力

中3日で行われる真夏の3連戦だ。前節、東京ヴェルディはアビスパ福岡とスコアレスドロー。25日のJ2第25節アルビレックス新潟戦(19:30 味の素スタジアム)で、勝点3奪取に挑む。

攻守に尽力し、さらには決定機の演出と仕事の幅をぐいぐい広げている渡辺皓太は言った。

「新潟は福岡と似た印象のあるチーム。ある程度、ボールは持てるでしょうから、決めるべきところをしっかり決めたい」

前回の新潟戦は、渡辺の仕掛けたドリブル突破、味方との鮮やかなパスワークでゴールを奪い、一気に試合の流れを引き寄せた。その豊かな発想力、アグレッシブな姿勢に再度期待が懸かる。

一方、梶川諒太はこう語る。

「新潟は個人能力の高さが特長。反面、組織の面では付け入る隙があるなと感じます。自分の場合、ロティーナさんに守備のやり方を教わり、徹底した規律を身につけたことで、相手のここのポジションは戻りが遅いといったことが、かなり見えるようになってきたんですね。ゲームのなかで気づいたことを生かしていくのが大事だと思います」

7月11日の天皇杯3回戦の関西学院大戦、15日のレノファ山口FC戦、21日の福岡戦と、梶川はチームで唯一のフルタイム出場。この消耗の激しい連戦ではベンチスタートの可能性もあるが、「途中で下げられないのが監督からの信頼の証だとすれば、選手としてこれ以上の喜びはない」と梶川。ピッチに立てば犬のように走り、託された仕事をやり切ろうとするに違いない。

当日の天気予報は曇時々晴。チケットのご購入はヴェルディチケットまで。

《クラブウオッチ》
21日、プレナスなでしこリーグカップ1部決勝で、日テレ・ベレーザがINAC神戸レオネッサを1‐0で下し、2年ぶり7度目の優勝。今季、ひとつ目のタイトルを獲得した。日テレ・メニーナは『Gothia Cup 2018』で頂点に立ち、女子チームがとにかく元気だ。
「新潟戦の会場では『ヴェルディランド夏祭り』を開催し、おなじみのヨーヨーすくいや輪投げといったミニゲーム、縁日にちなんだグルメをご用意します。せっかくの夏休みですので、この機会にぜひとも若い人や子どもさんを呼び込みたい」とクラブ関係者A。また、夏季のホームゲーム3試合を対象に、『学生ワンコインチケット』の販売を開始する。「中学生、高校生、大学生、専門学生の方はワンコインの500円(ホーム自由席)でご観戦いただけます。見込みとしては100枚は売りたいところで、全体の入場者数は6,500人が目標」と、未達であれば切腹も辞さないという鬼気迫る顔のクラブ関係者B。なお、こちらは前売りのみの販売で、学生ワンコインチケット専用ページで購入が可能だ。

[今季の1試合平均入場者数] 5,394人( 15/22位)
過去3シーズンの1試合平均入場者数
2015年 5,655人
2016年 5,402人
2017年 6,206人

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ