「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【お知らせ】【トピックス】読者投稿を募集します(18.8.3)

■だいたい月2で集まる遊び場

今季の途中からホームゲーム開催週の【トピックス】は無料記事とし、微力ながら試合の告知や集客の後押しとなる誌面づくりを意識して進めてきました。といっても、必要最低限のアナウンスをしつつ、チームや選手を伝えるにはこんなやり方もあるのではないかという実験的な試み、僕にとっては新しい遊び方を考えていく娯楽要素のほうがずっと大きいんですけどね。

当初のイメージは、早刷りの裏マッチデー・プログラムです。アンオフィシャルの立ち位置を生かし、できるだけナマっぽい、凹凸のあるものをお届けしようと。そして、だんだん小学校の壁新聞のようなごちゃまぜ感、雑誌的なガヤガヤ感を加えていったほうが発展先として面白そうだと考えるようになりました。

ひとりの書き手が手をかえ品をかえ、継続していくことはある程度可能でしょう。しかし、やはり個人でやれることや発想の広がりには限界があります。誰もがSNSで自由に発信できる時代ですが、ちょっとずつおすそ分けし合い、ひとつにまとまった成果にはまた違った趣きがあるはずです。学校の遠足でうかつにも弁当箱をひっくり返し、友だちから卵焼きや唐揚げを少しずつ恵んでもらい、かえって豪華になったランチ。あのまとまりのなさ、涙まじりのしょっぱい味ですよ(んー、違う気も)。

そこで、読者投稿を募集します。それぞれの持つヴェルディの楽しみ方を見せていくのが主な目的ですので、完成度よりも粗削りな表現を、パッション、エモーションの類いが前面に出ているほうが望ましいと思われます。だいたい月2で集まる遊び場のようになっていけば、楽しそうですね。

差しあたってご用意するコーナーは、「4コマ・1コマ漫画」と「選手イラスト」(壁新聞の定番。ビジュアル的にもほしい)、「スナップ写真」(ヴェルディのある日常の光景。スタジアムの盛り上がりをもっと伝えてほしいという読者からの要望がありました)、「わたしだけは見ていた」(はからずも目撃したチームや選手たちの様子。広い意味では選手への応援メッセージ。プライベート関係は不可)、「あのときの僕は」(たぶんもう会うことはないのだろうけど、忘れられない人との思いがけない出来事。尋ね人の機能を持たせることも)の5つです。

新コーナー「ひと言コメント」(その週に出されたお題に合わせ、思いのたけを)

これ以外にもアイデアをお持ちの方は、コーナー丸ごとの提案も歓迎します。以下、投稿のルールです。

(残り 228文字/全文: 1249文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ