遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【SBG探偵局】file6『若狭大志は振り向かない』(18.11.7)

file 6  『若狭大志は振り向かない』

 

こんばんは。
チャントについての調査依頼です。『VERDY TV』の森選手と李選手の回で、森選手が前のチームでは自分のチャントがなかったと語ってました。
現在ヴェルディでは全選手のチャントがありますが、他チームではどうなのか気になります。あと選手が自分のチャントをどう感じているかも気になります。この調査は「移籍してきた選手、特にベテラン選手」、「ヴェルディから移籍して戻ってきた梶川選手、林陵平選手」、「GK陣」を中心に聞いてもらいたいです。
※梶川、林両選手は前はチャントはなかったと思いますが……。
ではよろしくお願いします。

 

依頼主はS.O.。初めて同じ人物から連続で調査を請け負うことになった。どうせひまな身だ。問題ない。

大勢の人たちから自分の名を連呼され、思いのこもったチャントを捧げられる。あれはどんな気分なんだろうと探偵は想像する。

ただの一片もイメージが湧かなかった。探偵は幼き日よりひっそりと生きるのを是とし、衆目を集めることはまれであった。まして、プロのサッカー選手のように大多数の熱視線を浴び、人から思いを託されるなど想像の埒外。社会に出て、こうしてひとりで成立する稼業を営むことになったのは必然に思える。

記憶の底から浮かび上がってきたのは中学生の頃の出来事。『週刊少年ジャンプ』の懸賞で、探偵は希少なゲームソフトを引き当てた。当時、クラスの男子ほとんどが愛読しており、皆、当選者発表のページをなめ回すように見る。珍しい名を持つ探偵はそこら中から「あんた、当たっとったばい」と言われ、一躍、ラッキーボーイとして名を馳せた。そんなことが事件になるくらい、九州の片田舎には何もなかった。

懸賞品のゲームソフトは2種類あり、それぞれ2名ずつ(選択不可)。やがて探偵の手元に届いたのは『SPY vs SPA』(KEMCO)というマニアックな代物だった。もう一方は、のちに爆発的なヒットシリーズとなる『ドラゴンクエスト』(エニックス)。この差はとてつもなく大きい。期せずして、マイナー色の強いほうに引き寄せられ、メジャー街道から逸れてしまう性分は、この頃から定められていたのかもしれない。以降、セガのドリームキャストしかり、京セラのコンタックスしかり、探偵の好むものは世の隅っこへと追いやられ、消えていった。

いま思えば、『SPY vs SPA』は相当チャレンジングなゲームで、見どころもあったはずなのだが、子どもだった探偵はそのよさを理解できなかった。それでも自分がせっかく当てたソフトを駄作認定するのは我慢ならず、意地になってやり続けた。友だちは誰ひとりとして持っていなかった。休み時間に『SPY vs SPA』の話題を出すと、次第に疎んじられるようになった。

窓の外、遠くに走る中央線を眺め、探偵はノスタルジックな思いに浸る。そこに、ピーッ、キュルルと白文鳥の文太の激しい啼き声。「とっとと調査にいけや」ということらしい。

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック