『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】検証ルポ『2018シーズン 緑の轍』第五章 乖離(18.12.28)

シーズン終盤、ようやく本来の姿を取り戻した井上潮音。J1参入プレーオフ決定戦、ジュビロ磐田に屈し、新たな基準を得たに違いない。

シーズン終盤、ようやく本来の姿を取り戻した井上潮音。J1参入プレーオフ決定戦、ジュビロ磐田に屈し、新たな基準を得たに違いない。

第五章 乖離

■ロティーナ監督の賭け

12月8日、J1参入プレーオフ決定戦。東京ヴェルディはジュビロ磐田のホーム、ヤマハスタジアムに乗り込む。試合前のロッカールーム、ロティーナ監督は選手たちに向かってこう語りかけた。

「自分にとって大切な人を、2、3人思い浮かべてほしい。スタジアムに呼ぶことができた人、それが叶わなかった人もいるだろう。ただ、その人たちが自分のすぐそばにいると感じるんだ。彼らは君たちのことを誇りに思っているよ。今日のゲームを楽しもう」

J1まであと1勝――。ある者にとっては悲願であり、またある者にとっては通過点に過ぎないが、ここに至って奮い立たない選手はひとりもいない。1年間、サポーターの後押しを受け、チーム全員で取り組んできた目標が、手を伸ばせば届くところにあった。

(残り 2448文字/全文: 2920文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック