監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【監督・選手コメント】J2-2[A] 愛媛FC戦に向けて ~ホワイト監督、林、端戸、平~(19.3.2)

端戸仁は髪の色をシルバーアッシュにチェンジ。

端戸仁はヘアカラーをシルバーアッシュにチェンジ。

3日のJ2第2節愛媛FC戦(15:00 ニンジニアスタジアム)に向けて、ギャリー・ホワイト監督、林陵平、端戸仁、平智広は次のように話した。

FW11林陵平
――開幕のFC町田ゼルビア戦は83分の出場でした。
「時間が少なく、内容的にも難しいゲームだったので、なんとか自分のところで決めて同点に追いつきたかったんですが」

――現状、課題と捉えていることは?
「チーム全体のイメージをしっかり持つこと。始まったばかりで仕方のない面もあるんですけど、まだ共有すべきものが固まりきっていない。そこを進めていかないと、現時点の完成度に勝るほかのチームから取り残されてしまう。結果、勝てれば一番いいですが、負けたときでも価値あるものを積み上げていかないと」

――愛媛戦は、プレシーズンから取り組んできたサッカーでいくとホワイト監督が公言しています。
「サポーターの人たちに、今年のサッカーはこれだというものを早く見せたいですね。J2は年々レベルが上がり、戦術的な部分もより高度になっています。簡単に勝てる相手なんて本当にひとつもないですから」

(残り 1700文字/全文: 2249文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック