「残留請負人」前讃岐監督・北野誠が語るJ2監督論。魔境を生き抜く極意とは?(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-4[H] 栃木SC戦『なぜ、敗れたのか』(19.3.17)

『いつも仲よし3人組の欠けているひとりは、目下、筋トレに励む日々』2019.3.16

2019年3月16日(土)
J2第4節 東京ヴェルディ vs 栃木SC
14:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]3,245人 [天候]曇のち雨、弱風、気温12.7℃、湿度38%

東京V 2‐3 栃木
前半:2‐1
後半:0‐2
[得点]
0‐1 大﨑淳矢(13分)
1‐1 林陵平(15分)
2‐1 李栄直(31分)
2‐2 大島康樹(77分)
2‐3 西谷和希(87分)

●東京Vスターティングメンバー
GK21 上福元直人
DF23 田村直也
DF3   近藤直也
DF5   平智広
DF24 奈良輪雄太
MF17 李栄直
MF38 梶川諒太(79分 内田)
MF19 小池純輝(79分 藤本)
MF9   佐藤優平
FW11 林陵平
FW18 端戸仁(84分 河野)
(ベンチメンバー:GK26鈴木智幸。DF22永田拓也。MF4藤本寛也、8内田達也、16森田晃樹、20山本理仁、33河野広貴)

監督 ギャリー・ジョン・ホワイト

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■栃木に先制を許すも逆転

まず、目を惹いたのはディフェンスのダイナミズムだった。栃木SC戦、中盤の底は李栄直と梶川諒太。小回りの利く梶川が李の前で盛んに動き回り、李はここぞというタイミングで大きな動きを見せる。気持ちが前に出てこそ発揮される李の攻撃性がうまく守備に転化され、ふたりを起用した意図が読み取れる組み合わせだった。

プレッシングの連動性は長足の進歩を遂げ、林陵平、端戸仁のプレスバックも効いていた。相手のカウンターに際しては、素早く帰陣し、攻撃を遅らせる対処もぬかりなしだ。

攻撃は、シュートパスの細かいつなぎから、サイドの奈良輪雄太や小池純輝が一気に縦へと抜け出す。そして、放り込まれるクロスに対しては、3人がボックスに入ってきていた。

際立って見えた数々の点が相手関係によるものかはさておき、ようやくチームがひとつの生命体として機能し、その輪郭を見せ始めたのはたしかだ。

が、この試合、東京ヴェルディは栃木に敗北する。なぜ、敗れるに至ったのか。

(残り 2460文字/全文: 3389文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック