【サッカーパック人気3位】 反省を踏まえて修正を図るも、そのリスクの代償を払う【島崎英純】2019…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】お待たせ。渡辺皓太のシーズンが始まった(19.3.22)

渡辺皓太が復帰し、中盤のポジション争いはさらに過熱する。

渡辺皓太が復帰し、中盤のポジション争いはさらに激化する。

■短くなった故障者リスト

24日、第5節の徳島ヴォルティス戦(14:00 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム)。ここまでともに1勝3敗で苦しいシーズン序盤となっており、浮上のきっかけを欲しているのは同じだろう。

徳島は清武功暉をはじめ、攻撃陣のパワー、コンビネーションの質がこれまでの相手とは違う。前節の栃木SC戦のように組織的な守備から攻撃に出ていくことができれば、上位のチームにもある程度は通用するという手応えが得られる。その意味では試金石となるゲームだ。

攻撃のタクトを振るう佐藤優平はこう語る。

「どれほどプレッシングを受けても、相手をはがせるように。力のあるチームだというのはわかっているので、ミスを少なく、慎重にゲームに入りたいですね。僕自身のコンディションは、継続的に試合に出られているのでよい状態です」

(残り 797文字/全文: 1254文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック