各クラブ経営情報レポ、久保建英、山形好調の理由がわかる監督会見『大島和人おすすめ3本』(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【お知らせ】4月の更新予定(19.4.9)

こんばんは、ライター海江田です。

先日、報道陣のたまり場(クラブハウス1Fのロビー)にやってきて、「ユーアー、オンライン? オッケー。ユーアー、ニュースペーパー? オッケー」と確認するように言い、手を振って帰っていったギャリー・ホワイト監督。

自分の仕事ぶりがどのように伝えられるのか気になるのはごく自然なことですが、監督によって報道されたものに強い関心を示す人がいれば、そうでもない人がいます。

ホワイト監督は前者で、沖縄キャンプ中にクラブの広報部を通じて要請があり、SBGのゲストIDを発行しています。前体制では小寺真人通訳が情報管理のため目ざとく更新をチェックしていましたけれども(記事に手が入るわけではありませんよ)、おそらくロティーナ監督は後者だったように思います。

ほっとしましたね。相手が外国人監督の場合、読まれないだろうことを前提にしていると、陰でこちょこちょ言っているような気がし、どうも座りが悪くて。関心を持っていただけたほうが断然書きやすいです。

イングランド仕込みですから、メデイアからさまざまな論評が出ることへの耐性はバッチリのはず。立場は違えど、互いにプロの仕事をしましょうという暗黙の了解がそこにはあります。

では、すっかり遅くなりましたが、4月の更新予定です。

月 【マッチレポート】

水 【コラム】または不定期企画

金 【練習レポート】または【トピックス】
 【監督・選手コメント】
  J2試合開催日 【直前インフォメーション】
※【マッチレポート】は試合翌日の更新。平日、土曜開催も。
※予想スタメンは試合前日の更新。
※【コラム】は、【この人を見よ!】【フットボール・ブレス・ユー】【新東京書簡】のいずれか。第1週は試合の日程が詰まっているためお休みです。
※都合により、予定が変更になる場合があります。

東京ヴェルディユースや日テレ・ベレーザの試合も気になるところですが、日程とにらめっこした結果、どうやら次に記事を出せるのは5月に入ってからになってしまいそうです。あと、21日のブリオベッカ浦安とのトレーニングマッチは、先に動かせない予定が入ってしまい、レポートをお届けできません。今季から現場復帰した都並敏史監督の指揮する姿を見たかったのに残念無念。

しんどい時期だからこそ、気分がぱっと明るくなる企画をお届けしたいなあと考えをめぐらせています。それでは。

海江田哲朗 拝

 

『ランド百景』2019.4.5

『ランド百景』2019.4.5

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック