今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-12[H] V・ファーレン長崎戦『薄氷を踏む』(19.5.6)

『サーキットの坊や』2019.5.5

『サーキットの坊や』2019.5.5

2019年5月5日(日)
J2第12節 東京ヴェルディ vs V・ファーレン長崎
15:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]7,085人 [天候]晴、弱風、気温22.9℃、湿度39%

東京V 2‐1 長崎
前半:1‐0
後半:1‐1
[得点]
1‐0 小池純輝(4分)
2‐0 佐藤優平(52分)
2‐1 香川勇気(79分)

●東京Vスターティングメンバー
GK21 上福元直人
DF2   若狭大志
DF3   近藤直也
DF5   平智広
DF24 奈良輪雄太
MF6   井上潮音
MF4   藤本寛也(71分 レアンドロ)
MF7   渡辺皓太(85分 山本)
MF9   佐藤優平
MF19 小池純輝
FW18 端戸仁(89分 永田)
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。DF17李栄直、22永田拓也。MF20山本理仁、38梶川諒太。FW10レアンドロ、27ネマニャ・コイッチ)

監督 ギャリー・ジョン・ホワイト

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■待望の2点目を奪取するも

ゴールまでおよそ20メートル。中央、やや右寄りの位置からの直接フリーキック。セットしたボールのそばに佐藤優平と藤本寛也が立つ。

「寛也が蹴りたいと言ってきたら任せるつもりでしたけどね。相手の27番(新里涼)の上あたりを狙ってほしいというアドバイスを受け、そのとおりに蹴りました」(佐藤)

佐藤は短い助走からニアポストの外から入ってくる速いシュートを打ち、見事ゴールネットに突き刺した。

52分、これでゲームは2‐0。苦難の多いシーズン序盤を経て、チームの機能性を高めるきっかけをつかんで以降、2点目を取ることが課題だった東京ヴェルディが、ついにリードを広げる追加点をものにした。

(残り 2371文字/全文: 3147文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック