【サッカーパック人気4位】 【アビスパ’s Voice】「モチベーションは高い。整理して、準備して…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-18[A] ヴァンフォーレ甲府戦『力戦奮闘』(19.6.16)

『株式会社はくばくのルーキーだそうで。ファイト』2019.6.15

『株式会社はくばくのルーキーだそうで。ファイト』2019.6.15

2019年6月15日(土)
J2第18節 ヴァンフォーレ甲府 vs 東京ヴェルディ
18:03キックオフ 山梨中銀スタジアム
[入場者数]4,870人 [天候]雨、弱風、気温17.7℃、湿度85%

甲府 0‐2 東京V
前半:0‐1
後半:0‐1
[得点]
0‐1 若狭大志(32分)
0‐2 梶川諒太(52分)

●東京Vスターティングメンバー
GK21 上福元直人
DF2   若狭大志
DF17 李栄直
DF5   平智広
MF19 小池純輝
MF6   井上潮音
MF4   藤本寛也
MF24 奈良輪雄太
MF38 梶川諒太(88分 安在)
MF9   佐藤優平(77分 山本)
FW11 林陵平(71分 端戸)
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。DF15安在達弥。MF8内田達也、20山本理仁。FW18端戸仁、27ネマニャ・コイッチ、30ヴァウメルソン)

監督 ギャリー・ジョン・ホワイト

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■一瞬の隙を突いた若狭大志の先制点

厚い雲が南アルプスの稜線を覆い隠している。一時、勢いの弱まった雨は、キックオフを前に再び強く降り始めていた。

連敗中の東京ヴェルディは従来の[4‐1‐4‐1]から、かねてより準備してきた[3‐4‐3]に布陣を変更。最終ラインの3枚の中央には李栄直を据えた。

ピーター・ウタカを中心に攻撃を仕掛けてくるヴァンフォーレ甲府は、さすがの迫力だった。濡れたピッチを苦にせず、強いくさびのボールを打ち込み、アタッキングサードに侵入してくる。

2分、ウタカのシュートはゴールの左に外れた。11分、鮮やかなダイレクトプレーで中央を崩し、佐藤和弘がゴール前にラストパス。ややコントロールに手間取ったウタカのシュートは、奈良輪雄太と飛び出してきた上福元直人がブロックした。さらに17分、藤本寛也からボールをもぎ取った森晃太がそのまま縦にボールを運び、ボックスの手前でシュートを放つが、ゴールの枠を逸れた。

いずれのピンチも東京Vの守備陣は身体を張ってよく守っている。だが、とても無傷では済みそうにないと思われた。

(残り 2621文字/全文: 3559文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック