本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【練習レポート】写真ギャラリー『TM 中央大戦』(19.6.26)

J2第19節、大宮アルディージャ戦の翌日に行われた、中央大とのトレーニングマッチ。この試合、一番燃えていたのは同大出身の安在達弥に違いない。「公式戦に出て、その日は悠然と外から眺めていたい」という希望は叶わなかったが、アシストをマークし先輩の面目躍如。心なしかバックにいる後輩たちからの視線が厳しい。

J2第19節、大宮アルディージャ戦の翌日、23日に行われた中央大とのトレーニングマッチ。この試合、一番燃えていたのは同大出身の安在達弥に違いない。「公式戦に出て、その日は悠然と外から眺めていたい」という希望は叶わなかったが、アシストをマークし先輩の面目躍如。心なしかバックにいる後輩たちから注がれる視線が厳しい。たぶん気のせい。

フランス帰りの澤井直人が90分プレーできたのは収穫。出場が可能となる7月20日のJ2第23節愛媛FC戦に向けて、これから調子を上げていくだろう。

フランス帰りの澤井直人が90分プレーできたのは収穫。出場が可能となる7月20日のJ2第23節愛媛FC戦に向けて、これから調子を上げていくだろう。

3バックの中央に入った近藤直也。

3バックの中央に入った近藤直也。

最終ラインにはもうひとりのベテラン、田村直也。

最終ラインにはもうひとりのベテラン、田村直也。

練習生の池庭諒耶(青山学院大4年)は、名古屋グランパスのアカデミー育ち。物怖じすることなく、積極的にロングフィードを繰り出していた。

練習生の池庭諒耶(青山学院大4年)は、名古屋グランパスのアカデミー育ち。物怖じすることなく、積極的にロングフィードを繰り出していた。

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック