今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-22[A] ツエーゲン金沢戦『ほうほうの体で勝点1』(19.7.15)

『スタジアムを彩るツエーゲンガール(ほくりくアイドル部)。左から渋谷紗雪さん、三井梨花さん、山本愛彩さん』2019.7.14

『スタジアムを彩るツエーゲンガール(ほくりくアイドル部)。左から渋谷紗雪さん、三井梨花さん、山本愛彩さん』2019.7.14

2019年7月14日(日)
J2第22節 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ
19:03キックオフ 石川県西部緑地公園陸上競技場
[入場者数]4,130人 [天候]雨、弱風、気温22.9℃、湿度90%

金沢 1‐1 東京V
前半:0‐0
後半:1‐1
[得点]
1‐0 山根永遠(49分)
1‐1 林陵平(74分)

●東京Vスターティングメンバー
GK21 上福元直人
DF2   若狭大志(54分 田村)
DF17 李栄直
DF5   平智広
MF19 小池純輝
MF6   井上潮音
MF16 森田晃樹(69分 梶川)
MF22 永田拓也
FW9   佐藤優平(80分 渡辺)
FW11 林陵平
FW18 端戸仁
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。MF7渡辺皓太、8内田達也、23田村直也、33河野広貴、38梶川諒太。FW30ヴァウメルソン)

監督 ギャリー・ジョン・ホワイト

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■金沢の整理された戦い方

前半の東京ヴェルディに可能性を感じたプレーはふたつあった。

ひとつは、井上潮音のランニング。マンツーマンで対応してくるツエーゲン金沢に対し、長い距離を走ってゴール前に入っていく動きは捕まえられにくい。

もうひとつは、2トップに打ち込まれるくさびのパスだ。31分、斜めに走ってボックスに侵入した林陵平に、森田晃樹が縦パスをつけ、落としてもらったボールをフィニッシュに持ち込もうとした。しかし、わずかに返しのパスがずれたか、先にボールに触ったのは金沢のディフェンダーだった。

ボールを握る東京Vがじりじりと押し上げ、攻撃のスイッチを入れるところでロストし、陣形が崩れかけている隙を突かれて金沢のカウンターを食らうことの繰り返し。前半の説明はそれで事足りる。

井上は被カウンターの対応に追われることが増えるにしたがって、ゲーム序盤に見られた有効なランニングがだんだんと影を潜め、2トップのポストワークを使ったコンビネーションも不発。そもそも相手が構えているところにボールを当てても、狭い局面を打開するのは簡単ではない。

結果、金沢が45分で3回の決定機を創出したのに対し、東京Vはゼロに終わった。これではいくらボールを持てたところで、意味などあろうはずがない。やはり、金沢のほうが戦い方が整理されている印象は否めなかった。

(残り 2644文字/全文: 3708文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック