都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【練習レポート】『数的優位のつくり方』8月11日(日) J2第27節 鹿児島ユナイテッドFC戦 19:00 味の素スタジアム(19.8.9)

この暑さのなか、頭と身体を使ったトレーニングが連日続く。

この暑さのなか、頭と身体を使ったトレーニングが連日続く。

■ロジックを理解し、身体に覚え込ませる

「その形だと数的優位にならないだろ?」

永井秀樹監督が厳しい声を発し、トレーニングを止める。少しでも練習の質を上げるため、開始時間を気温の下がった17時に変更。日は西の空に沈みかけていた。

ゴール前の4対2。攻撃側はパスを回し、設定されるラインを3回越えるまでシュートを打つことができないルールだ。守備側は門を締め、スライドのタイミングを合わせながらパスを阻む。

4人の立ち位置とボールを受ける体勢、アングルのつくり方が重要になる。元から数に勝る攻撃側が有利なのはたしかだが、それを生かすためには正当なロジックがともなっていなければならない。

「広く使われている数的優位という言葉。どこに立てば、相手がいやがるのか。優位性をきちんと生かせるのか。実際にはつくり方がきちんと理解されていない。守備側の前にふたり立ってしまいがちですが、それではダメなんですよ」(永井監督)

基本は、ひし形。両サイドと裏に1枚ずつ配置し、速く、正確にボールを動かし、同時に相手も操りながらチャンスを見出していく。

すでに永井監督と長い時間を共有しているユース出身者には、なじみ深いトレーニングだ。

「ふだんの練習や試合前にもよくやっていました。見かけほど単純ではなく、立ち位置を間違えると守備側に数的優位を簡単に消されてしまう」(森田晃樹)

こういった地道な積み重ねにより、ゴールにつながるプレーの精度は高められていくのだろう。

11日のJ2第27節、13位の東京ヴェルディは20位の鹿児島ユナイテッドFCと対戦する(19:00 味の素スタジアム)。6月のアウェーゲームでは、1‐3と苦杯をなめさせられた相手だ。

当日の天気予報は晴のち曇。チケットのご購入はヴェルディチケットまで。

 

永井監督から「ボール保持者はアングルを意識して」と指示が飛ぶ。

永井監督から「ボール保持者はアングルを意識して」と指示が飛ぶ。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック