監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-27[H] 鹿児島ユナイテッドFC戦『容易ならざるもの』(19.8.12)

『東京ヴェルディ・バンバータの田中彰内野手と少年。投げ方が独特!』2019.8.11

『東京ヴェルディ・バンバータの田中彰内野手と少年。投げ方が独特!』2019.8.11

2019年8月11日(日)
J2第27節 東京ヴェルディ vs 鹿児島ユナイテッドFC
19:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]5,948人 [天候]晴のち雨、弱風、気温27.4℃、湿度80%

東京V 3‐3 鹿児島
前半:0‐0
後半:3‐3
[得点]
0‐1 枝本雄一郎(57分)
0‐2  牛之濵拓(74分)
1‐2 レアンドロ(85分)
2‐2 佐藤優平(87分)
3‐2 河野広貴(90+1分)
3‐3 韓勇太(90+3分)

●東京Vスターティングメンバー
GK21 上福元直人
DF24 奈良輪雄太
DF3   近藤直也
DF8   内田達也
DF20 山本理仁(79分 河野)
MF6   井上潮音
MF4   藤本寛也(12分 森田)
MF38 梶川諒太
FW19 小池純輝
FW50 カン・スイル(54分 佐藤)
FW10 レアンドロ
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。DF22永田拓也。MF9佐藤優平、14澤井直人、16森田晃樹、33河野広貴。FW18端戸仁)

監督 永井秀樹

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■痛かった藤本寛也の故障

残り15分を切り、鹿児島ユナイテッドFCが東京ヴェルディを押し込んで、ボールを回していた。ゲームは鹿児島の2点リード。安全にキープするだけではなく、時折、中とのボールの出し入れで攻め気をチラつかせてくるところがいやらしい。東京Vはボールの奪いどころが見えず、苦しかった。

鹿児島がボールを逃がし、キーパーまで下げる。東京Vは疲れた身体にムチ打って懸命にラインを上げた。このまま真綿で首を絞められるように敗れてしまうのだろうか。

ピッチを注視する一方、その後のことが頭をもたげてくる。監督会見では何を問うべきか。選手の囲み取材は、見出しは、原稿の構成は――。ゲームに没頭できないのをもったいなく思うが、職業病みたいなものだから仕方がない。以前、試合直後に締切りが設定されていた仕事では、予定稿を仕上げているタイミングだ。

この先、4回ゴールネットが揺れ、ついでにPKもあるんだよ、と誰かから聞かされても僕は信じなかっただろう。

(残り 2881文字/全文: 3835文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック