【サッカーパック人気2位】 “戦国”J2の怖さを体感。残留争いを戦う栃木のパワーを崩し切れず【栃木…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【監督・選手コメント】J2-37[H] ヴァンフォーレ甲府戦に向けて ~永井監督、小池、森田、若狭~(19.10.18)

前節のFC琉球戦、初の二桁得点達成&ハットトリックの小池純輝。今季、どこまでゴール数を伸ばせるか。

前節のFC琉球戦、初の二桁得点達成&ハットトリックの小池純輝。今季、どこまでゴール数を伸ばせるか。

19日のJ2第37節ヴァンフォーレ甲府戦(15:00 味の素フィールド西が丘)に向けて、永井秀樹監督、小池純輝、森田晃樹、若狭大志は次のように話した。

MF19小池純輝
――前節、FC琉球戦のあと、ハットトリックと二桁得点達成の実感が沸々と湧いてきたのでは?
「LINEを見たら、めっちゃメッセージが届いてて、みんな気にかけてくれてたんだなとうれしかったです。何より、チームの勝利に貢献できたこと、それに加えてサポーターの皆さんに明るい話を届けられてよかった」

――次は甲府戦です。
「琉球戦は自分たちのやってきたこと、前からくる相手をひとりずつはがして、プレスをかいくぐっていく練習の成果が出たと思います。残り試合は少なくなってきていますけど、チームと個人が成長できる姿を次の試合も見せたい」

――甲府の守備ブロックを崩すには?
「後ろは5枚で守っていて、単純に前節の相手より1枚多い。それでもボールを動かしていけば、必ず空くところが出てくるのでそこをチームとして攻略できれば」

――そう易々とは裏のスペースを空けてこないでしょうが、それでも狙い続ける?
「そうですね。常に狙っていることを示すのは大事。これまでと同じく、相手を見ることがより重要になってくるでしょう。向こうの出方を見ながらプレーを選択していき、弱みを突く。判断のスピードで上回っていくつもりです」

(残り 2753文字/全文: 3443文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック