【サッカーパック人気1位】 【J1クラブ展望/横浜F・マリノス編】王者が乗り越えなければならない2…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【練習レポート】写真ギャラリー『TM 国士舘大戦』(19.12.1)

腕章を巻いた小池純輝。2点ビハインドの状況、自ら得たPKを決め、東京ヴェルディの追撃が始まった。

腕章を巻いた小池純輝。2点ビハインドの状況、自ら得たPKを決め、東京ヴェルディの追撃が始まった。

梶川諒太はチーム戦術の幹を担う。

梶川諒太はチーム戦術の幹を担う。

味方に対する指示がすっかり堂に入っている藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディユース3年・2種登録)。その風貌と相まって、迫力のあるセンターハーフに成長しそうだ。

味方に対する指示がすっかり堂に入っている藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディユース3年・2種登録)。その風貌と相まって、迫力のあるセンターハーフに成長しそうだ。

最終節のFC岐阜戦、石浦大雅(東京ヴェルディユース3年・2種登録)はトップデビューを果たした。プレーと仕草から、そこはかとなく気品漂う18歳。いいとこの子だなあ。

最終節のFC岐阜戦、石浦大雅(東京Vユース3年・2種登録)はトップデビューを果たした。プレーと仕草から、そこはかとなく気品漂う18歳。いいとこの子だなあ。

前半、若狭大志が経験値の低い最終ラインを取りまとめようとしたが、2 失点を喫する。

前半、若狭大志が経験値の低い最終ラインを取りまとめようとしたが、2 失点を喫する。

後半からピッチに立った井上潮音。永田拓也のゴールをアシスト。

後半からピッチに立った井上潮音。永田拓也のゴールをアシスト。

李栄直がピッチに入ると、チームが活気づくことをあらためて証明。

李栄直がピッチに入ると、チームが活気づくことをあらためて証明。

こちらは状況にかかわらず、揺るぎない安定感を見せる平智広。

こちらは状況にかかわらず、揺るぎない安定感を見せる平智広。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック