【サッカー人気4位】あらためて考える「新宿にJクラブを」と…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】日テレ・ベレーザ、皇后杯ベスト8進出。小林里歌子「ただ、優勝したいわけではない。ベレーザのサッカーで優勝したい」(19.12.5)

今季最後のタイトル、皇后杯、日テレ・ベレーザはこれを制せば4冠達成、史上初の2年連続国内3冠となる。

今季最後のタイトル、皇后杯、日テレ・ベレーザはこれを制せば4冠達成、史上初の2年連続国内3冠となる。

■女王の女王たる所以

左足のシュートが、ゴールキーパーの逆をついてネットを揺らす。14番。長谷川唯だ。手元のストップウォッチに目を落とすと、まだ3分を過ぎたばかりだった。シーズンの大詰め、殺人的なスケジュールをこなす日テレ・ベレーザにとって、早い時間の先制点はほかの何よりも活力の素に違いない。

11月26日から30日まで韓国で開催された女子クラブ選手権2019 FIFA/AFCパイロット版トーナメントを制覇し、初代アジアクラブ女王の称号を手にしたベレーザは、4日、皇后杯3回戦に臨んだ。相手は、なでしこリーグ2部のニッパツ横浜FCシーガルズだ。

(残り 1643文字/全文: 2032文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック