【サッカー人気4位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【有料解除】【トピックス】『SBGヒーロー2019』総評・後編(19.12.12)

今年の記念トロフィーは、いい出来栄えですねえ。

今年の記念トロフィーは、いい出来栄えです。

海江田、芥川和久(エル・ゴラッソ 東京V担当)、岸上敏宏(超ワールドサッカー)の3人でお送りしている『SBGヒーロー2019』の総評。今回は後編です。

※前編はこちら

■票を集めた林陵平、ジャイルトン・パライバ

海江田「大急ぎで注文したトロフィーが出来上がってきたんですよ。見て見て」

岸上「おお、いいすね~」

芥川「クリスタルだ」

海江田「昨年比、サイズ的にはちょっと大きくなったくらいですけど、今回は写真をデザインに加えて完全データ入稿。4年目にして、完成形かなあって感じです。これもひとえに読者の支えが年々手厚くなってきたからこそ。感謝、感謝でございます。面白いことを仕掛けようとしても、ひとりでやれることなんて限られるからね。さて、ランク外の選手をポジション別にいきますか」

岸上「では、前から。個人的にヴァウメルソンにはえらい目に遭いました。加入が決まったとき、『緑のネイマール』って書いたんですね。それなのに全然試合に出てこないものだから、社内でイジられるイジられる。『おい、緑のネイマールはどうした?』って」

芥川「強化部長を退任された山本(佳津)さんから『今度、すごい選手を獲るんだよ』とヴァウメルソンの映像を見せてもらったことがあった。たしかにそのプレー集は強烈だったんですけど」

海江田「そういう見識、センスがなかったということ。見込み違いはよくあることですが、ことごとくヒットしなかった。ホワイトさんの肝入りだったネマニャ・コイッチは別にして」

岸上「ヴァウメルソン、まさかあんなにフィジカルが弱いとは」

海江田「端戸仁も期待ほどの活躍は見せられなかったけれど、ひざの状態が悪くなるまではいい時期があったと思います。第11節の岡山戦のパフォーマンスは秀逸。守備のスイッチを入れ、ボールを受けて前を向き、前線にポイントをつくった」

芥川「7戦負けなしの時期ですね」

海江田「もしかしたら、チームが拠りどころを見つけて調子が上向くかもと希望を抱いた。今回、林陵平、ジャイルトン・パライバあたりはけっこう票を集めています。林については、苦しかったシーズン前半の功績を忘れるなかれと。たしかにそのとおりだと思う」

***

【FW10レアンドロ】

「巧い選手を使いこなせなかった状況から脱しつつあると感じさせてくれた」(トムヒロ)

「普通に巧い。彼の能力はもっとあるのは知っているから、期待を込めて」(taka1987)

【FW11林陵平】

「途中で移籍してしまったけど、ホワイト監督時代を支えたのは間違いなく彼。お願いだから帰ってきてほしい」(@kirts_t)

「序盤のヒーロー。彼がいなかったら降格してたかもしれない」(たび)

「シーズン序盤、チームがボロボロの時にゴールを取って勝ち点を積み上げてくれた存在。あの時に勝ててなかったら残留争いに確実に巻き込まれてた。来シーズンレンタルバックは必須」(橋本)

「今シーズンの序盤は陵平の得点力でチームを支えていたと思う」(ihat-mk2)

 【FW11ジャイルトン・パライバ】

「シーズン途中から入って、一気にサポーターの心を掴んだ。切れ味鋭いドリブルはもちろんのこと、エゴイストではなく味方に得点を取らせる気遣いもあり好感度は急上昇(笑)。来年もいてくれないと困る!!」(ポジティブポジティブ)

「パライバ、ハヤイワ」(sanjyan)

「本来は純輝以外いないんだろうが、デビューの衝撃とお膳立てハンパないです。西が丘で慣れないサインとお写真も頂きましたし、柏戦にいてくれてたら結果変わったかも」(king8118)

「速くて、身長は高くないのにフィジカルが強い。デビューとなった山口戦で衝撃を受けました」(yanaigumi16)

「突然現れたスピードスター。新しい風を吹き込んだ」(ver1969)

【FW18端戸仁】

「前半戦の影のヒーロー。神トラップ」(Capivara)

 

16試合5得点の林陵平。彼の決定力で勝点を拾えたゲームはいくつも。

16試合5得点の林陵平。彼の決定力で勝点を拾えたゲームはいくつも。

次のページ

1 2 3 4 5
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ