【サッカー人気4位】浦和レッズ×名古屋グランパスの吉田とマ…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【対談】『緑の友』大久保智明(浦和レッズ内定)×深澤大輝(東京ヴェルディ内定)前編(20.1.22)

大久保智明(右)と深澤大輝。立川の『焼肉 いのうえ』にて。

大久保智明(右)と深澤大輝。立川の『焼肉 いのうえ』にて。

『緑の友』大久保智明(浦和レッズ内定)×深澤大輝(東京ヴェルディ内定)前編

2021シーズンから浦和レッズへの加入が内定している大久保智明(中央大3年)と、同東京ヴェルディへの加入が内定している深澤大輝(中央大3年)。ふたりは東京Vジュニアの新小4セレクションで出会い、以降、現在の中央大学サッカー部までチームメイトとして過ごしてきた。大久保は切れ味鋭いドリブルを武器とするアタッカーで、深澤は後方からのパス出しで攻撃を組み立てつつ、クレバーな守備を身上とするセンターバックだ。
今年は大学とクラブを行き来し、密度の濃い1年になるだろう。自らの選手像を形成したランドでの思い出の日々、そして大学最後の1年をどのように展望するのか。若きふたりによる、SBG新春特別企画をお届けしよう。(収録は1月7日)

■両親への感謝を切々と

――昨年、中央大のゲームを取材した帰り、ふたりのお母さんたちとばったり会ったんですよ。息子のサッカーを通じて、親同士も仲よしなんだなあと。

大久保智明(以下、大久保)「そうですね」

深澤大輝(以下、深澤)「サッカーを一緒に観にいったり、トモの家に遊びにいったりしてます」

大久保「家族ぐるみの付き合い。それにはちょっと理由もあって、新小4のセレクションで入るとき、僕と大輝だけ外部からだったんですよ」

深澤「ほかは全員スペシャルスクールに通ってて、1次は免除されてたり。合格者は自分たちを含めて7人」

大久保「めっちゃ人気だったよな」

深澤「僕らが小3のときの小6が強かった。全日本少年サッカー大会をはじめ、いくつも優勝して」

――2007年、95年組の高木大輔選手(ガンバ大阪)たちの代ですね。全少のほか、ダノンネーションズカップ、チビリンピック、バーモントカップジュニアの4大大会を総なめにしています。こういうのは影響しますか?

深澤「影響はあると思いますね。僕は父に勧められて、ヴェルディのセレクションを受けました。FC東京のほうが家から近いんですけど、ジュニアがないので」

――ご実家は?

深澤「東久留米市です。平(智広)くんと中学校が一緒。僕の姉と平くんの弟さんが同級生で、けっこう仲よくしていたと聞いたことがあります」

大久保「僕は板橋区。しかもあのときはトップも勢いがあった」

深澤「J1だったかな」

大久保「おれらが4年とき上がったんだっけ。ディエゴ(・ソウザ)やレアンドロ、フッキがいて」

――2007シーズン、2位でJ1昇格を決め、2008シーズンはJ1で戦っています。まあ、1年で落っこちてしまいましたけど。

深澤「それからずっとJ2ですよね。はるか昔のことに思える」

大久保「大学に入ってから、金銭的な面で親のことを考えるようになった。大学はお金がかかるし、高校も私立に通わせてもらっていたので」

深澤「それはある。これだけ自分にお金がかかっていたんだとあらためて」

大久保「金銭的なところがリアルに見えるようになった。バイトもしてないので、みんなでごはんを食べにいくときには、お金をくださいと頼むことになる。だから、せめて自分で使うスパイクは、メーカーから提供を受けられるようにしたいと思って、それが叶ったのが大学3年の夏前かな」

深澤「だいたい、一足2万円くらいする。僕は2年の終わりにヴェルディのキャンプに参加したとき、マネージャーの後藤雄一さん(現大宮アルディージャ)から『アシックス履いてるんだ。知り合いがいるから、今度言っとくよ』と紹介してもらえて助かりました」

大久保「プロになって、経済的な恩返しをしなきゃ」

深澤「毎試合、どんなところでも応援にきてくれて感謝してます。そもそもヴェルディに入れたのも、親の助言があったから。この先、お金のところでもお返しをしていきたい」

(残り 2787文字/全文: 4426文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック