【サッカー人気5位】期限付き移籍選手の定点観測:J1総集編

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】リモート取材が始まる。藤本寛也「何よりも命と健康が大事」(20.3.27)

リモート取材に応じるキャプテンの藤本寛也。右下のワイプはキャプチャー画像を撮るため、タブレットに手を伸ばす僕。

リモート取材に応じるキャプテンの藤本寛也。右下のワイプはキャプチャー画像を撮るため、タブレットに手を伸ばす僕。

■感染リスクを回避しつつ、この機会にできることを

東京ヴェルディは新型コロナウイルスの感染防止のため、20日のトレーニングからメディア関係者の練習場、クラブハウスへの立ち入りを規制している。感染リスクの高い首都圏ではやむを得ない措置だ。

その代替手段として、26日からWeb会議システムのZoomを活用したリモート取材が始まった。広報担当が各メディアの要望を集め、初回は永井秀樹監督、キャプテンの藤本寛也、佐藤優平、山本理仁の4名がこれに応じている。「手を挙げるボタン」を押した者から順次指名され、質問していく流れだ。

「○○さん、音声が届いていません!」
「どこにあんの、手を挙げるってやつは」
「あ、ごめん、ヘンなボタン押しちゃった」
「海江田さん、画面が逆さまになってるよ」
「ねえ、キャプチャーってどうやったら撮れる?」
「(井上)潮音くんが邪魔をしてきます」(山本)

と、大小のトラブルはありながらも、囲み取材はどうにか進行していった。

(残り 864文字/全文: 1401文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック